> 入院預かり金が準備出来ないためキャッシングを利用しました

入院預かり金が準備出来ないため
キャッシングを利用しました

思いもかけない病気が発覚し、入院することが決まりました。
突然のことで、私も妻もびっくりしましたが、一か月以内には入院することが決まりました。

しかし、現在私はアルバイトをしながらの就職活動中です。
妻もパートに出ていますが、収入が生活費を上回ることはありません。
そんな生活がもう1年弱も続いています。
正社員で働いていたころの貯金はすべて使い果たし、今は生活が精いっぱいです。
そんな時に病気が発覚し、落ち込むばかりです。

入院しないとなおらないし困った...選択肢として

しかし入院しなければ治るものも治りません…。
私が入院する病院では入院預り金が必要だと言われました。
今の状態では入院預かり金が準備出来ないのは、もちろんわかっていましたので、妻とどうすればよいものかと途方に暮れていました。
親も年老いていますので借りることなどできません。
そこで友人に相談してみました。

すると友人がキャッシングをしてみてはどうかと提案してくれました。
キャッシングのことなど考えたこともなかったし、良いイメージをもってはいなかったので、言われた直後はとても戸惑いました。 それに私も就職活動中でアルバイトの身。妻もパートであることなどから、キャッシング=サラ金にしかないと思っていました。 そのことを友人に言ってみると、「そんなことはない。一度相談に行ってみるといいよ。」と言ってくれました。

その友人もキャッシングを利用したことがあるとのことでした。
アルバイトの身で本当にキャッシングが可能だろうかと、半信半疑で妻と店舗を尋ねたところ、丁寧な応対で親切にいろいろと相談にのってくれ、そのまま審査を受けることになりました。

そして審査は無事に通過し、キャッシングで入院預り金を工面することができました。
キャッシングを利用して一番驚いたことは、店舗や受付、店内の様子がイメージとまるで異なっていたことです。
そしてなにより親切丁寧な対応で安心して利用できたことです。
これから返済がありますが、無理なく返済できるようにシュミレーションも行ってくれたおかげで安心して返すことができます。

menu

ここだけの話