> 家族に怪しまれた場合は

家族に怪しまれた場合は

家族に知られないように申し込みを行い、
融資を受けることができて、返済を行っている最中などに、
もしも、なんらかのきっかけで、家族(奥さん、もしくは旦那さん)に怪しまれてしまい、
業者に電話などで問い合わせを行った場合は、
どういったことが考えられるのでしょうか。

家族からの問い合わせである場合、
借り入れがあるかどうかなどの問い合わせに対して、
回答されてしまいようなイメージがありますが、
実際のところ、相手が家族であっても、個人情報の開示となってしまいますから、
借り入れがあるのか、ないのかすら回答することはないようです。

このあたりは、おそらく契約時の約款を読めば書いてあるものだと思います。
こういった約款て、きちんと読まないか、
もしくは読んでも難しい言い回しが多すぎて理解し難い場合がほとんどですね。

でも、実際にわざわざ約款を確認するまでもなく、
個人情報保護法において、情報が開示されることはありませんから、
そういった意味では、安心して大丈夫なようです。

家族間でも金銭トラブルには要注意

こんなことは、このサイトでわざわざ書くまでもないといえばそれまでですが、
家族間、特に夫婦間での金銭に関わるトラブルは、なるべく避けたいものです。

奥さんに言えない、もしく旦那さんに言えない理由で、
お金を借りなければならない場合などは、
細心の注意を払っても多すぎることはないと考えておいたほうが無難です。

もしも、借り入れが知られてしまった場合など、
夫婦喧嘩ぐらいで済めばまだしも、借り入れの目的なども論点に上がるでしょうから、
それが原因で離婚にまで発展してしまうといったケースだって、
少なくはないと思います。

そもそも、家族に内緒にしなければならない借り入れを、
作らないように心がけて生活することが第一ですが、
どうしても避けて通れない状況に陥ってしまう場合だって多々あります。
そうなってしまった場合には、特に細心の注意を払って
消費者金融などの業者を利用することが大切であるといえますね。

そして、知られたくない場合に限りませんが、借り入れを行った場合は、
返済期日に遅れることなく、確実な返済を行うように心がけましょう。
当たり前ですが、借り入れは借りてしまえば終わりではなく、
完済するまで終わらないのです。

menu

ここだけの話