> 職場に知られてしまうケース

職場に知られてしまうケース

職場の環境は、さまざまなケースが考えられます。
そういったことに対してフランクな職場であれば、
借り入れを行ったことを知られても、別にどうということはないということもありますが、
そうでない場合も逆に多くあると思います。

お金を借り入れていることが、職場に知られてしまう場合の原因は、
大抵の場合は、申し込みおよび審査時に、在籍確認のためにかかってくる
電話が唯一のものであるといえます。

これは、申し込み時に申告した勤務先に、実際に在籍しているかどうかを
確認するためのもので、ほとんどの借り入れの場合で、
避けて通れない事柄であると思われがちです。

しかし、実際には申し込み時に勤務先への在籍確認がNGである旨を伝えることで、
確認の電話なしで融資を受けられる場合があります。

ただし、必ずしもそのような対応で利用可能であるとは限らず、
利用者の利用状況によっては、審査において
在籍確認が必要であると判断されてしまう場合があり、
その場合は、会社名ではなく、個人名で電話をかけて、
実際に在籍しているかどうかを確認するケースがあるようです。

業者側もお金を貸したくないわけではなく、
きちんと確認さえとれれば、審査を通過させお金を貸したいというのが本音ですから、
会社名を名乗らずに、電話をするという配慮をしてくれるというのも頷けますね。

配慮してくれるとはいえ

しかし、配慮してくれるとはいえ、
その結果職場に知られずに済むかどうかは、
勤務先の状況にも左右されてしまうのはいうまでもありません。

例えば、その人宛に電話がかかってくるケースがほとんどない場合や、
職種によっては、会社自体にそうのような電話が、
かかってくるケースがほとんどないという場合もないとはいいきれません。

このような電話がかかってきた時点で、
怪しまれてしまっても仕方ありません。

とりあえず、申し込み時に在籍確認がNGであることを確実に伝えたうえで、
それでも心配なようであれば、社内の親しい人物が必ず受ける電話番号を申告するとか、
ある程度工夫することで、職場内の最小限に知られるだけで
なんとか乗り越えることができたりしますので、
利用者のほうで、工夫することが重要かと思います。

menu

ここだけの話